ブログ

結婚しました


引っ越します!のブログから早数ヶ月…
ずっと更新できない日がつづいてしまいご心配をおかけしました。
実はこの7月に引っ越して、9月に結婚式、翌日に入籍。
そして今日10月5日に二次会をひらいておりました。

結婚準備のあいだ、お仕事がおもうように進まずいろいろな方にご迷惑をおかけすることも多かったのが申し訳ないのですが、無事に一大イベントを終えることができて、ホッとしています。

自分たちの両親をはじめ、ゲストのみなさま、式場のプランナーさん、音響さん、ヘアメイクさん、フローリストさん、カメラマンさんなどたくさんの人達のおかげでそれぞれの日を思い出深くすごすことができました。本当に感謝しています。

小さめの結婚式だったので、たくさんの方を呼ぶことができず…!様子のわかる写真をのせてみます。

d131005b.jpgローマの宮殿風のチャペルに一目惚れした式場、アゴラシオンさん。挙式はブーケ・ブートニアセレモニーとキャンドルリレーをとりいれた、人前式にしました。宗教色がないのと、ゲストのみなさんに誓って結婚を承認してもらうあたたかい挙式にしたかったので、とても満足しています。

BGMはHitomiさんの歌で、プラネテスとコードギアスから。実は挙式から披露宴までほぼ100%アニメかゲームの歌を使っています。


d131005c.jpg
ウェディングケーキには私たちを動物キャラクター化したものを乗せていただきました。デザイン画以上にかわいく立体化していただいて感激です。新郎はイベントでいつも店番を手伝ってくれていた人です。

新郎:本が好きな山羊座生まれなのでヤギに。
新婦:わたしのペンネームにちなんで小鳥に。

ケーキカットのBGMは俺妹の「irony」にしたらゲストの麦酒さんに笑ってもらえました。お色直し退場はairの「鳥の詩」。生い立ちムービーは新郎が手作り。夏目友人帳のOP・EDをつかってほっこり懐かしい感じに。

d131005k.jpg
こちらのウェルカムボードは、わたしの友人、泉はるかさんが描いてくれた渾身の一枚!(クリックで大きくなります)デジタルでも描いている方なのですが、お祝いの一点ものにしたいということで手描きにしてくれてびっくり。こちらも新郎新婦をあらわすヤギと小鳥を入れていただきました。アンティークな雰囲気が会場にぴったりです。

お色直し入場のBGMは空の軌跡「銀の意志 金の翼」でした。

d131005d.jpg
披露宴は余興をあまりもうけず、各卓をゆっくりまわってのお話し&お写真タイムが中心だったので、最後にみどころを…ということで、僭越ながら新婦みずからライブペイントをしました。この素敵なアイデアは新郎によるものです。(ありがとう)

100均で買ったレインポンチョが意外といい感じ…(笑)
BGMはジブリ曲のジャズアレンジ。

d131005e.jpg
新郎に手伝ってもらいながら描き込みをすすめ…

d131005f.jpg
最後にあらかじめ下地に仕込んでおいたマスキングテープをはがすと「寿」の文字がでる演出に!これは高校の時にポスターを描く授業で学んだ手法を思い出してやってみました。家での練習ではうまくできなかったけど、本番では成功したのでよかったです…!

と、こんな感じで結果的には私たちらしい結婚式にできたのではないかと思います。結婚式は準備が大変で、堅苦しくてしんどい、と親たちからさんざん聞いていたので、もしかしたら自分は一生しないんじゃないかと思っていましたが…やってみて本当によかったです。(親の時代からはずいぶん結婚式のやりかたも変わっているのでしょうね。)こんなに自分の出せるものを出しきったのは初めてかもしれません。堅苦しいセレモニーが苦手な母も楽しんでくれたようで、私の密かな目標が達成されました。


d131005g.jpgそして10月は二次会!会社にいたころの先輩たち&友人たちが昼夜平日休日とわず献身的に準備してくれたおかげで、ひらくことができました。みなさん本当にお世話になりました…!お礼のしようもないくらいです。

会場は中之島のレトロ建築をいかした、オペラ・ドメーヌ高麗橋さんです。建物の正面が本当にすてきで、写真をとってもらえたのがすごく嬉しい!


d131005h.jpg
カチューシャの花飾りと、ブーケ代わりのバッグ(下の写真)は、どちらも生花。なんと司会をお願いした会社先輩の奥さまが手作りしてくださいました。色の希望だけでなく、好きな花のダリアやピンポンマムもとりいれていただけて感激です。

髪は数年ぶりにバッサリと切りました。結婚式と二次会両方に来てくれるゲストたちになにか変化をみせたくて、こっそりと計画。

d131005i.jpg
赤が基調のブライズルームは、アンティークな調度品ばかりで自分たちの気持ちももりあがる…!

d131005j.jpg
廊下などに展示も自由にさせていただけるということで、普段描いている絵のパネルなども貼らせていただき、ミニ展覧会風に。

二次会も多くの人に助けられ、ほっこりと、そして笑いのある会になりました。
私たちが大好きな「中国嫁日記」をオマージュした新郎新婦エピソードアニメや、新郎の趣味をいかしたボードゲーム「ウボンゴ」で遊んだり、オーソドックスに新郎新婦の手紙の読みあいなどもして。いい思い出ばかりです。

それにしても手紙朗読でまったく泣かない新婦はいかがなものか…(披露宴でも泣かず)。新郎の涙が一番の感動ドコロになったので助かりましたが。手紙を書いてるあいだはボロボロ泣いてるんですよ。ほんとに。


私たちにとって結婚式・二次会は、いろんな偶然やめぐりあわせを経て今一緒にいることが再確認できたり、夫婦となった実感が増したりと、気持ちの上でいろいろな変化をもたらしてくれる、夢のような日々でした。

今の気持ちを大切に、
お互いのいいところを活かして、苦手なところを補いあって
二人で楽しく歳をかさねていけたらいいなと思います。

2013/10/5 | カテゴリー: 日記
この記事をシェアする