ブログ

「デザインフェスタ vol.35」参加しました!

2012年5月12~13日の「デザインフェスタ vol.35」に参加しました!とっても楽しかったので写真をいっぱい撮りましたが、残念ながらひとつひとつ掲載許可を得ていないので、自分のブースについてレポしたいと思います。

ビッグサイト
前日入りしてビッグサイト徒歩圏内の「サンルート有明」さんで宿をとり、豪華なモーニングビュッフェを食べていざ会場へ。朝の余裕さは、東京出張ならではだなぁと思います。(大阪だと前日深夜ギリギリまで作業しちゃうことが多いので…)当日は晴天に恵まれて、ウキウキ気分でした~。

デザインフェスタ 準備風景
ブースに着いたのは朝の8時くらい。今回は備品レンタル代をおさえる計画でしたので、背面カーテンシステムと椅子2脚のみ工芸社さんでレンタルしました。カーテンの布の色は「ホワイト」と書いてありましたが、実際に見てみるとナチュラルな生成りの色。自分の作風に合いそうで、良かったなと思いました。この状態から荷ほどき&ディスプレイを開始していきます。(しゃがんでるのが私です)

デザインフェスタ ブース装飾
まずはアピールのための看板設置から。こちらもコスト削減のため、自宅でA4にプリントしたものをスチレンボードに貼り付けてカッターで切り抜いたものを用意してきました。カーテンのパイプに洗濯バサミで固定してます。

デザインフェスタ ディスプレイ
お次は前面の棚づくり。(画像はほぼディスプレイの完成状態なので分かりづらいですが…)
スノコ2枚を左右に立てて、布を張って、MDF合板の棚板をいれています。重みでちょっと棚板が沿ってしまったのが欠点。1段目は小さい雑貨、2段目はブックカバーとポストカード、3段目は包装紙を配置しています。

デザインフェスタ 作品集
お仕事の作品集も、自由に閲覧できるようにフックにひっかけて前面に出しておきました。ベニヤ板に茶色い布をかけて、お花を添えるとカフェの看板のようになっていい感じ。茶色の布は普段コミック系のイベントに出る時テーブルクロスとして使っているものです。出展名の「neuneu」とURLを刺繍してあります。

布をかけるのは一緒に大阪からサポート役でついてきてくれたひつじさんのアイデア。この立て看板は簡単に動かせるので、ブースの出入口にもなっています。

写真でちらりと見えているように、1畳分のレジャーシートを足元にしいてみました。長時間の店番のあいだ靴を脱げますし、バッグなどの荷物も汚れないのでgood!このテクニックは出展者向けアドバイスのツイートで知りました。

出展者向けアドバイスのツイートまとめはこちら。
● お客さんも含めたデザフェスの楽しみ方ツイートまとめはこちら。
ぜひ参考になさってみてください。


●雑感など

デザインフェスタは2回目の参加でしたが、土日両日参加したのもあってか、前回よりも手応えのあるイベントとなりました!以前からお仕事でお世話になっていた方が遊びに来てくださったり、新しいお仕事のことで声をかけていただいたり、Twitterでお知り合いになれた方ともお会いできたり。楽しい思い出がいっぱいです

歌のパフォーマンスの人、たて笛の人、ライブペイント、緊縛ショー、光るキノコ、おいしそうなガラスアクセサリーなどなど、ほんっっとうに個性的なブースがいっぱいで、調べたところを全部回りきれなかったほど…。お知り合いの作家さんのブースにお礼回りもできなくて、しまったなぁと思いました。

今回はデザフェス史上最多のお客さんがいらしたそうで、日曜日は開場前に長蛇の列があってびっくりしました。コ、コミケじゃないのに!?ってドキドキしました。(コミケ列よりははるかに短いですが、デザフェスはわりとスムーズに入れるイメージだったので、びっくり。)

創作されたもののエネルギーと、それを見に来る人のエネルギーがビッグサイトに充満していて、ちょっとあてられてしまったのか大阪に帰り着いたあと39度まで熱が出て寝込んでしまったほど。無茶は禁物だなぁと思いました。普段がデスクワーク&自室こもりっぱなしなので、イベントというハレの日にはついはしゃいでしまうのですが。

でも、参加して本当によかったです。

諸事情で秋のデザフェスは参加いたしませんが、
今後も年1回ペースくらいで
参加していけたらいいなと思っています。


ちなみにイベント前日は少し早めに東京に着いたので、上野動物園で念願のハシビロコウさまに謁見してきました。シロフクロウさまも、スバールバルライチョウも可愛すぎました。(*´艸`*)

\ ドアップ!/
上野動物園 ハシビロコウ

この記事をシェアする