ブログ

12/29~30 谷根千&コミケにいってきました!

タイトルと写真にものすごく一貫性がないのですが…(苦笑)
年末に東京へ行ってきました!

★ ざっくり日程はこんな感じ ★
12月29日 谷根千のエリアで雑貨屋さんめぐり+上野で猫カフェ
12月30日 コミケに一般参加+板前寿司
12月31日 コミケに一般参加+suicaのペンギングッズ探し

第一の目的はコミケだったのですが、年末は開いてる店がほとんどなく、観光ついでのコミケ参加者を門前払いされるかのようなキビシさを感じずにはいられませんでした。

しかし!谷根千エリアは雑貨好きの女子におすすめのスポットがたくさんありましたので、余さずレポしていきたいと思います。

まずは秋葉原でガンダムカフェ
コミケ期間で閑散としているかと思いきや、かなり人が並んでました。表でテイクアウトできる「ガンダム焼き」を買って食べ歩き。このガンダム焼きがけっこう意外なくらいおいしかったのです。パリパリ、アツアツ、モチモチ。


JRで日暮里へ。初めて降りましたがひなびた感じで素敵な駅。
ここからがいわゆる谷根千エリア。

小さな雑貨屋さん プフレーゲライヒト
XperiaのGoogleマップを用いても辿り着くのが困難なほど、住宅地のなかでひっそり開いていらっしゃる雑貨屋さん。外国の切手やストラップチャーム、ポストカード、文房具など、使い勝手のいい、飾り過ぎないかわいさの小物たちがちまちまときれいに集められていました。レジを兼ねた作業場がすぐとなりのスペースにあり、薄いカーテンで仕切られていたのですが、その向こうの壁に気持ちよさそうに並べられた道具たちから、オーナーさんのものづくりへの愛情が感じられました。

↓すこし歩いて

千代紙屋さん いせ辰

ショーウィンドーからのぞけば溢れんばかりの千代紙グッズが。2011の干支にあわせてうさぎたちもかわいく並んでます。入り口ののれんが老舗っぽさを出しているのに、ふしぎと気軽に中へ入れてしまうのが素敵。千代紙でできたぽち袋や、千代紙柄のランチョンマット、店の奥には千代紙そのものが陳列されています。

千代紙を手に取ればわかるのですが、普通の印刷とはまったく違う、インクの厚みがあります。たぶん版木で一枚一枚丁寧に刷られているからだと思います。だから色数も厳選されてて、とっても素敵。
早くもいろいろお土産を買ってしまいました^^

↓そのすぐ近く

喫茶店 コーヒー乱歩゜

入り口からしてかなり異様な雰囲気を放っているカフェ!ちょっと入るのに気合がいりました(笑)「人前キスやいちやいちやのバカップル入れません」とかの張り紙が面白すぎます。中はすっごい濃厚な、マスターの趣味世界。猫の写真や猫グッズが壁に貼られ、あやしげな仮面があったり、店を訪れた人の記帳ノートなどもあったり。

そしてウェイターのお姉さんが美しくてちょっとツンとした感じ、マスターのおじちゃんは白いひげが印象的で、キュンとなりました。長い散策で疲れた足をひとやすみ。カフェラテとレアチーズケーキをいただきました。

この後もいくつか猫グッズ専門の雑貨屋さんや、ベーグル屋さんなどをまわりましたが、年末休業のところが多く…「へび道」というくねくねした細い路地を通りながら駅への帰路につきました。この「へび道」、もともとは川だったのを埋めこんで道路にしたため、すごく細くてくねくねと曲がっているのです。

そこに所狭しとならぶ家々に、ちょこっとした素敵なお店がたくさん構えてて、ふしぎな風景になっています。たぶんここでしか見られない、小さな世界って感じでした。

↓日暮里からJRで上野へ

猫とくつろぐ 猫まるカフェ

上野駅からすぐ見える、便利な立地の猫カフェ。店内は美猫ちゃんぞろい ちょうど訪れたのが夕方17時ごろだったので、すぐにごはんタイムが始まりました。ラッキー!他の気弱な猫ちゃんのごはんを奪ってしまうツワモノや、どどーんと太っ腹になでさせてくれる「隊長」くん、人をぜんぜんこわがらない子猫たちなど、360度どこを見ても猫にフニャーンとなれる空間でした。

谷根千も猫好きなお店がたくさんあったので、
なんというニャンコな一日。しあわせでした~(´▽`*)

↓JRで新橋へ

次の日コミケに行きやすいようにひつじさんが汐留のホテルをとってくれていたので、ホテルに荷物を置いて新橋のSoup Stockで晩ごはん。大好きなのに関西圏にはひとつもないのです!というわけでスープ2種類と雑穀米のセットをほくほくおいしくいただきました。

ホテルではコミケ攻略の最終チェック。
わくわくしながら29日の夜がふけてゆきました~*+。

2011/1/10 | カテゴリー: 日記
この記事をシェアする
1 130 131 132 133 134